日本酒フェア2013 前編

【平成25年6月20日 スタッフ兼特派員 井上浩和 記】

行って来ました!最大規模の日本酒イベント「日本酒フェア2013」。

早々に受付けを済ませていざ!会場へ。日本酒フェアは主な会場が2つ。各県の酒造組合や団体がブースを出す「全国日本酒フェア」と全国新酒鑑評会の入賞酒がきき酒できる「公開きき酒会」ですが、先ずは「全国日本酒フェア」へ。

期待に喉が鳴る…おっと取材でした(笑)。失礼、胸が膨らみます。

会場に入ると既にたくさんの日本酒ファンに先を越されてました。蔵人と話し込む人や試飲に励む人…日本酒ファン以外にメディアもたくさん入ってました。

各ブースでオススメのお酒を「試飲」させていただきながらゆ~っくり進みます。

 

青森県ブースでは「陸奥八仙」駒井専務がふるまい中

 

 

 

 

 

 

カメラを向けられてるのは福島県会津若松 末廣酒造の新城社長。「聖地巡盃」ではお世話になりました!

世界文化遺産の認定間近!で静岡県ブースにも富士山が

全国の蔵元が県単位でブースを構えて日本酒ファンをお待ちかね。ビッグイベントということでそれぞれ強力な応援団も駆けつけてました。

「取材しないと!」の使命感でちゃんと撮影を。先ずはやっぱりキレイどころから…

先ずは福井県酒造組合さん

こちらは新潟県

岩手県ブースでは「南部せんべい」のふるまいが

 

 

 

 

 

 

 

ひときわ声の大きい人が…と思ったら福島県ブースの応援に駆け付けていた芸人の方でした。今年の新酒鑑評会での県別金賞受賞数が一位(!)ということで記念のウチワとネクタイのコーディネートがバッチリです。

周りを見るとゆるキャラに戦国武将まで!きょろきょろしながら、飲みながら…で前にはいっこうに進まずにお酒だけがどんどん進みます(笑)

甲賀流忍術の発祥地、滋賀県甲南町のキャラクター「にんじゃえもん」

名古屋おもてなし武将隊から加藤清正公も見参!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とうとう進むコトをあきらめ、腰を落ち着けて飲むことに(笑)
さすが日本酒フェア!各県のブースでオススメの「ツマミ」販売も。
お酒とツマミがあれば飲ミニケーションが…ということで近くの日本酒ファンと戦利品(酒とツマミ)を持ち寄り酒談議。こういう輪がスグに出来るところも日本酒のいいところですよね。

漬物協同組合のブースではおいしい「日本酒のお供」の試食が。オネエサンスミマセン、何回かおかわりしちゃいました(笑)

ということで別会場の「公開きき酒会」レポートは次回に持ち越し。

酒談議が落ち着くまでしばらくお待ち下さい(笑)。