茨城県「月の井酒造店」編

【平成25年12月8日 茨城県担当特派員 青山 智和 記】

今回お会いしてきたのは茨城県「月の井酒造店」の坂本敬子社長。
ご主人である先代がガンで亡くなられて後を継がれたのですが、その先代との闘病記が「さいごの約束」として出版され、舘ひろしさんと安田成美さん主演でドラマ化もされています。
遅まきながら今回お会いする前に初めて読んだのですが…、「家族って暖かいな~」の一言。思わず声が聞きたくなって用事もなく両親に電話してしまいました。
最近仕事ばっかりで家族との時間を作ってないな~というアナタ、ぜひご一読を!

何度となく涙腺を刺激されました。

月の井酒造店さんがあるのは茨城県大洗町、海のすぐそば。
蔵のタンクに書かれていたキャッチコピーが「潮風の酒蔵」…爽やかです!

そしていよいよ坂本社長にごあいさつ。
本に病床のご主人と「オーガニックの日本酒を造る」と約束されて、米だけでなく造りの工程まで有機とうたえるようにがんばって審査を受けた、というエピソードがあるのですが、そういったこだわりの蔵元の顔がある一方で、大学生の息子さんの心配もされるママの一面もあり。イメージしていた通りのやさしい方でした!

坂本社長がオススメとして持たれているのは発泡清酒「淡薫泡(あくあ)」

そんな坂本社長から「せっかくだから」とごちそうになったのが酒粕アイス。

これがまた絶品!確かに酒粕の味もするんですが「酒臭い!」とかは全くなく、程よいアクセントに。これなら普段日本酒を飲まない女子たちにもうけそうです。

想像以上の美味しさに思わず大はしゃぎ!

月の井さんを後にして、せっかくだから潮風にあたろうとすぐ近くの海に。
大洗町といえば「神磯の鳥居 (かみいそのとりい)」。平安時代、海岸の岩礁に神が降り立ったといわれる地に立った鳥居で日の出のビュースポットとしても有名です。
こういう由緒ある場所からの潮風が月の井さんに届いているんでしょうね~

鳥居に近付くと波がすぐそこまで。

今回月の井酒造店さんでゲットしたのは有機米純米酒「和の月(なのつき)」80。
本にも商品化のエピソードが載っていた「オーガニックの日本酒」です。
有機米の味を味わってもらえるようにとあえて精米歩合80%。
「和の月」の文字は亡くなる直前に坂本社長のご主人が書かれたもの。
本の内容を想い出しつつ、ありがたくいただきます!!

月の井酒造店さんの情報はコチラから↓↓↓

株式会社月の井酒造店Webサイト
http://www.tsukinoi.co.jp/