京都府「招德酒造」編

【平成25年12月26日 京都府担当特派員 宮下 英夫 記】

今回お伺いしたのは京都 伏見の招德酒造さん。
日本を代表する酒処、伏見で純米酒にこだわって造りをされている蔵元です。

お会いしたのは杜氏の大塚真帆さん。酒蔵が集まる伏見で唯一の女性杜氏です。

お話をしている間にも蔵の様子が気になる大塚杜氏。「ちょっと蔵に行って来ていいですか?」とダッシュ!蔵の中でも工程のチェックや次の作業の準備に余念がありません。

大塚杜氏にはまだ小さなお子さんがいらっしゃるとのこと。
だんなさんも蔵人ということで、造りが始まると子育ても夫婦で協力して乗り切るそうですが、時間が不規則で微生物が相手の酒造り。結構ご苦労もおありかと聞いてみると
「子どもよりもお酒のほうが素直に育つかも?」と笑顔で話されていました。

大塚杜氏は社員杜氏。商品企画やデザインも担当されていて、造りの季節以外はそちらでお忙しいとのこと。
デザインについてはだれかに習ったわけではなく「見よう見まねで…」と言われていたのですが、結構カワイイ商品が並びます。
思わず季節限定のデザインボトル、買っちゃいました(笑)

京都ということで、生湯葉と合せていただきました

ということで京都の夜も更けて行きます…
皆さんも京都にお越しの際は「招德」を、ぜひお試しください!

【お問合せ先】

招德酒造株式会社 〒612-8338 京都府京都市伏見区舞台町16

★招德酒造さんの最新情報はこちらで↓↓↓                               公式Webサイト http://www.shoutoku.co.jp/

★大塚杜氏デザインの商品はこちらでチェック↓↓↓
ショッピングサイト http://shoutoku-shop.com/